20th anniversary

jazz violin maiko

2019年4月24日、ジャズバイオリニストは活動開始アニバーサリーイヤーを迎えます。
ここにその20年の歩みを振り返ってみました。

1999

クラシック一筋で20年間バイオリンを修めていた1999年の2月、音楽大学を卒業してまもなく1年が経とうとしていた早春のこと、大阪のCD店のインストアライブで寺井尚子氏の演奏を偶然眼にする。これが運命の出会いであった。その演奏に非常な衝撃を受け、一瞬にしてとりことなり、そのときから寺井尚子氏が人生の目標となった。 すぐに両親を説得し、勤めていた音楽教室の生徒の引継ぎ等を済ませ、上京の準備を進めた。

4月、上京。ジャズバイオリニスト寺井尚子氏のライブに通いつめ、アドバイスを頂きながらジャズバイオリンの研さんを始める。居酒屋・コンビニ等でバイトをしながら、昼間は公民館の会議室を借りて練習に励む毎日だった。徐々にセッションでも評判になっていった。

12月、第19回浅草Jazzコンテストでベストプレイヤー賞を受賞。 自身のバンド・平岡舞子ストリングジャズパーラー(通称:舞パラ)を組みライブ活動を開始する。

2000

3月、ジャンゴ2000(六本木スイートベイジル)に出演。後日ライブCD化される。

7月、マルディグラ(自由が丘)で初ワンマンライブ。

2001

10月、横濱ジャズプロムナード、ライブ・コンペティション本選大会で向井滋春賞を受賞。

12月~2003年1月まで吉川よしひろのザチェロアコースティックスに在籍、同時期フュージョンバンドRed Lotusでエレキバイオリンを演奏。

この頃、改めてジャズ理論をピアニストの福田重男氏に師事。そのリリカルでハートフルなプレイは、わが国ポピュラーバイオリンの第一人者中西俊博氏も絶賛するまでとなった。

12月、初のオリジナル曲「jab」作曲。

2002

ライブハウスRed Pepperのオーナー、大塚氏の勧めでmaikoに改名する。

イベンターからのオファーも増え、演奏の場が広がる。

6月、聖路加国際病院でのボランティアコンサート開始(2005年9月まで、隔月で)。

9月、「Motion Blue」作曲。

9月から2005年2月までバイオリニスト中西俊博氏のアシスタントを務める。

2003

吉川よしひろ氏の渡米によるチェロアコースティックスの活動休止に伴い、自身がリーダーのセッションライブを精力的に行う。

ホテルラウンジやブライダルでの演奏も始める。

5月、初の里帰りライブ、神戸メイデンボエッジに100人が集まる。

初の自主制作ミニアルバムを販売。

9月、マリオ&ゼルダビッグバンドライブライブ(日本青年館)に出演。後日ゲーム雑誌の付録としてDVDとなる。

2004

2月から2005年2月まで寺井尚子氏のアシスタントを務める。この間演奏現場に同行し、演奏活動に必要なすべてを先達の後姿から学ぶ機会を得る。

6月、六本木STB139スイートベイジルでの寺井尚子3デイズにゲスト出演。憧れの師との共演を果たす。

11月から2007年9月までパーカッションの横山達治バンドに在籍。

2005

ギタリスト寺屋ナオ氏のアルバムレコーディングに参加。レーベル・サウンドフォルテ社長小日向氏と出会う。

10月、ポッドキャスト「舞らじお」スタート。

舞らじお 第1回

2006

アルバイト生活を卒業、フルタイムとなる。

スタジオ仕事も増え、幾多のレコーディングに参加。

11月、ファーストアルバム「Trust Your Heart」(サウンドフォルテ:SFJP2002)リリース。

2007

11月、セカンドアルバム「Glowing Colors - Live at Motion Blue yokohama」(サウンドフォルテ:SFJP2003)リリース。

2008

ライブの回数が2,000回を超え、自己のプレイスタイルを確立する。

舞らじお番外編第2回関連動画

8月、:JZ Brat(渋谷)で、maiko Sound Spirits(mSS)スタート!第1回のゲストは中西俊博氏。

2009

舞らじお番外編第2回関連動画

活動開始10年アニバーサリーイヤー。記念DVD(上・下巻)配布。

7月、ポッドキャスト「舞らじお」第100回配信。

舞らじお 第100回

9月、洗足学園音楽大学ジャズコース非常勤講師に就任。

2010

11月、サードアルバム「Voyager」(サウンドフォルテ:SFJP2007)リリース。

2011

東日本大震災の発生を受け、予定していた4枚目のアルバムの制作を休止。

今できることでわずかでも「希望」を届けようと、今まで以上に真摯にライブ活動に取り組む。

2012

6月、復興への祈りを込めた4thアルバム「Hope」(サウンドフォルテ:SFJP2009)リリース。

2013

4月、World Orderの武道館公演にストリングスチームを率いて出演。一部楽曲ではアレンジも担当。

7月、ポッドキャスト「舞らじお」第200回配信。

舞らじお 第200回

8月、6年目に入ったmSS、vol.21のゲストはウィリアムス浩子さん。

2014

活動開始15周年アニバーサリーイヤー。

1月、NHK BS1「エルムンド」に出演。

11月、クラッシャー木村氏との共作で、教則DVD「スタンダード曲で始める! ジャズバイオリン」リリース。

2015

2月、5thアルバム「Donna Lee」をリリース。

3月、6thアルバム「The Duo」をリリース。

ジャズバイオリニストmaikoの5thアルバム“Donna Lee”、6thアルバム“The Duo”2か月連続リリースの記事が、「毎日新聞」2015年4月16日夕刊(東京版)に掲載される。

5月、初のソロバイオリンライブを開催(浦和:カフェ・トーン)。

7月、ハイレゾアルバム「maiko meets 木住野佳子 live at TheGLEE ~二つの個性が出遭うとき~」を配信開始。

2016

3月、初地上波!NHK総合「ニュースKOBE発」に出演。

7月、ハイレゾアルバム「Three ~Jazz violinist maiko trio live! ~」を配信開始。

9月、maiko Sound Spiritsの最終回、mSS30開催。

2017

6月、ポッドキャスト「舞らじお」第300回配信。

舞らじお 第300回

9月、都内初のワンマンホールコンサート、Jazz Violin maiko Early autumn Special concert!開催。

20周年記念、応募者全員に上記コンサートのブルーレイディスクまたはDVDを特別プレゼント!
(募集期間は、このテキストが表示されている間。)

2018

3月、初のソロバイオリンツアー。これが大きな自信となり、ソロアルバムにつながる。

9月、ソロアルバム「Solo」をリリース。

2019

活動開始20周年記念アルバム制作のため、3月~8月の半年間、ライブ活動を休業する。

11月8日(金)maiko活動開始20年アニバーサリーライブ:JZ Brat(渋谷)